頭皮の負担を改善

注目されているシャンプー

髪を洗う人

ノンシリコンシャンプーは多くのメディアで取り上げられているシャンプーですが、実際にどのようなものなのかはまだ広く周知されているわけではありません。
ノンシリコンシャンプーは髪を保護するためにシリコンを配合していないシャンプーです。
一般的なシャンプーは髪の表面を保護するとともに髪の艶を出すためにシリコンが含有されています。
たとえば、アルコール系の界面活性剤などがその典型的なものです。
シリコン成分が頭皮に付着したままになって毛穴が詰まったりしまうこともあります。
そのことが肌に痒みや炎症などの頭皮トラブルにつながる場合もあります。
しかしながら、ノンシリコンシャンプーはシリコンを含有成分として排除しています。
シリコンの代わりにアミノ酸系の界面活性剤などを使用していて髪が傷むことがなく、髪や地肌の健康を維持することができます。
アミノ酸系の界面活性剤はとても頭皮や髪に優しく、頭皮の表面に保護膜がはられることもありませんので、育毛剤を発毛剤を使用している人にも特におすすめです。
こうしたことがノンシリコンシャンプーが選ばれている理由です。
また、注目理由の1つとして、ノンシリコンシャンプーはパーマ剤やヘアカラーの効能を妨げないことも挙げられます。
オシャレのためにヘアカラーを使ったり、髪にボリュームを持たせている人が使用しても髪に保護膜が貼られることがないのです。
このようにオシャレをしながらヘアカラーができる点もノンシリコンシャンプーの魅力です。

ノンシリコンで髪を健康に

髪を洗う人

髪の毛や頭皮をケアする方法は様々ありますが、毎日使うシャンプー剤に気を遣うことができれば手軽にケアすることができます。
中でもシリコン剤を使っていないノンシリコンシャンプーは頭皮や髪の毛に優しいとして注目されています。
シャンプーの中に含まれるシリコン剤は髪の毛に付着することでコーティングし、洗い上がりが指通りの良いツルツルの仕上がりになります。
またツヤも出るため見た目も良くなります。
髪の毛そのものが健康になるわけではありませんが、シャンプーするだけで手軽に仕上がりを良くすることができるため多くのシャンプーに含まれています。
しかしシリコンは人工的に作られる化学成分であるため、デリケートな人だと頭皮が炎症を起こす可能性があります。
髪の毛をコーティングする分には有益な効果が得られますが、頭皮に付着したシリコンはしっかりと洗い流さないと毛穴詰まりの原因にもなりかねません。
髪の毛がコーティングされている状態ではカラー剤やパーマ剤、栄養や補修成分が浸透しにくいというデメリットもあります。
そんなときはノンシリコンシャンプーの使用がお勧めです。
頭皮がデリケートな人はもちろん、髪の毛の痛みに悩んでいる場合はノンシリコンシャンプーを使うことで外からの補修成分が届きやすくなり、結果的に髪の毛そのものを健康にすることができます。
シリコンによるコーティングがなくなるため髪の毛が軽くなり、動きを出しやすくなります。
ツヤや指通りはノンシリコンシャンプーだけではいまいち弱いですが、トリートメントやコンディショナーなどヘアケア用品を併用することでサラサラの髪の毛を維持することができます。
頭皮や髪の毛の自然な健康を目指すならノンシリコンシャンプーがお勧めです。

シリコンが入っていない

髪を洗う人

ノンシリコンシャンプーが近年注目を集めています。
コーティング剤としてシリコン成分が使用されていないものがノンシリコンシャンプーです。
頭皮が弱い人であっても悪影響をもたらすことはないので、安心して使用することができます。
しかしながら、気になるのがその値段です。
ノンシリコンシャンプーの料金相場はどうなっているかというと、実は値段はピンからキリまであります。
数百円程度のものから1万円を超えるものまで値段の幅は非常に広いです。
通販サイトで人気のあるものはおよそ3000円から4000円前後のものが多いので、このあたりの価格が平均的な相場です。
安価なものの場合には洗浄力を高めるために刺激の強い成分が入っていることがあります。
たとえば、アルコール系の界面活性剤が配合されている場合があります。
このような成分は髪や頭皮にダメージを与えることがあります。
そのため、あまりにも相場料金とはかけ離れた価格のノンシリコンシャンプーは控えた方がいいでしょう。
また、ノンシリコンという表示があったとしてもシリコン以外のコーティング剤が使われている可能性があります。
しかしながら、相場どおりの価格のものであれば髪の健康を維持するのにとても有効なシャンプーです。
抜け毛や薄毛予防対策にも役立ちますので、頭皮が気になる人はノンシリコンシャンプーを継続的に使用しましょう。
ただし、あまりにも高いものばかり使うとコストが高くなるので、その折り合いが大切です。

髪を傷めないためにも

ドライヤーを使う人

シャンプー後に温風を当て過ぎることで髪を傷めますから、ランキングサイトを使って、風量の豊かなドライヤーを探しましょう。もしも動作音が気になる場合は、ターボ機能の付いた静穏ドライヤーをおすすめします。また、髪に潤いを与えながら乾かせるマイナスイオンドライヤーも、髪や頭皮に優しい人気製品です。

もっと読む

髪トラブルにお悩みなら

シャンプー

スカルプシャンプーは界面活性剤としてアミノ酸などが配合されているシャンプーのことです。頭皮の肌に悩んでいる人、乾燥肌や敏感肌の人、薄毛や抜け毛の人などに非常におすすめです。近年では美容院で使用されることも増加しています。

もっと読む

頭皮の負担を改善

髪を洗う人

ノンシリコンシャンプーが注目されている理由はさまざまです。シリコン成分が頭皮に付着して毛穴に詰まることがないですし、肌トラブルも起こることもありません。また、パーマ剤やヘアカラーの効能を妨げないこともその理由として挙げられます。

もっと読む